Japanglish(ジャパングリッシュ)

もう、すでに多くの人が知っていると思われる「Japanglish(ジャパングリッシュ)」は「Japanese(日本語)」+「English(英語)」の略語です。
この他、実は、シンガポール+英語の「シングリッシュ」や台湾語+英語の「タイワングリッシュ」も存在します。(シンガポールは英語が公用語ですが、独自のアクセントや語尾があります)

ジャパングリッシュは、英語が日本語に取り込まれ日本独自の言葉となったものです。「和製英語」とも言われていますが、ネイティブには伝わらない、日本独自の英語です。特に、その発音はネイティブにとって聞き取りづらく、理解されにくいことが多いのです。

訪日外国人の戸惑いと困ったとは

今、話題になっている「Tokyo Bon 2020」という動画があります。この動画の最初の方に、着物の女性に話しかける観光客が、その女性が話す英語をまったく理解できずに困った様子が描かれています。 この動画が伝えているように、日本人が発音している「ジャパングリッシュ」は、実際にはネイティブには伝わらない日本独自のものであることが多いのです。

この動画「Tokyo Bon 2020」に登場する「スターバックス」「マクドナルド」「ビール」「ディズニーランド」といった言葉は、ジャパングリッシュだと歌われています。英語だと思ってついつい使ってしまうジャパングリッシュについて、まずは、私たち日本人が理解する必要があるかも知れません。

実は、「Tokyo Bon」はフランス語で「東京いいね」という意味です。フランスをはじめ、海外から見た日本への信頼は厚く、日本の「おもてなしの心」「日本文化」「日本食」などは世界中で絶賛されています。コロナ禍が落ち着いて観光業が盛り返してきた時期に、日本の良さを世界に知ってもらうためにも、観光産業や訪日外国人観光客をターゲットにしている店は、「Tokyo Bon 2020」などから海外から見た日本のイメージを理解しインバウンド対応に活用するとよいかもしれません。
私は、一度フランスのJapan Expoを見てみたいです。日本からみた海外、海外からみた日本の両方の視点を持てると、外国人にモテる(商売繁盛という意味で)のかも!?

それでは、今日も良い一日を♪

Cheers!(じゃあね)

投稿者: Emma Kuwahara

オーストラリア・カナダ・ニュージーランド・中国の4カ国で、ワーキングホリデー・留学・就業を経験しました。役に立つ情報をお伝えできたらと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。